水と光の壮大なショー「ワールド・オブ・カラー」クリスマスバージョンを鑑賞 [DLR旅行記2014 DAY2-7]

この記事をシェアする

待望のウォーター・ショー「ワールド・オブ・カラー」に向けて、腹ごしらえ+鑑賞チケットの手配は完了。
さぁ、ショーが行われるエリア「パラダイス・ピア」に向かって、出発です!

…と思ったのですが、ショーが始まる夜の9:45まではまだまだ時間があったので
ショー開始の1時間くらい前まで、ひきつづきディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(DCA)内を散策することにしました。

スポンサーリンク

夜になっても続くグリーティング、そしてパレード。サービス精神が旺盛なDCA

DCAに来てとても感動したのが、「いつでも誰かしらのグリーティングに遭遇して、サクッと会える」というお手軽さ。

舞浜だと、グリーティング施設で長い時間を待たないといけないですし、たまに予告してない時間にフッとキャラが現れたと思ったら、即ほかのゲストの輪ができてしまい、グリーティングどころではなくなっちゃいます。

そんな殺伐とした(笑)グリーティングとは真逆なのがDCA。どの時間でも(夜でも!)エントランス近くでは数キャラがグリーティングをしてますし、行列も多くて15組くらい。
とても気軽に、そしていつでもキャラクターに会いに行けるんですね。

というわけで、私たちも持て余した時間をグリーティングにあてることに。


カーセイ・サークル・シアター前の広場はグリーティングのメッカ。


まずはミッキー先輩。新聞配達ボーイの姿も良かったけどこちらもキマってますね。


チップとデールもおしゃれ。DLRやWDWではもれなく2匹で登場してくれます。ゼイタクなり。

キャラオンリーの写真を撮ってなかったのですが、他にもグーフィー・プルート・そしてオズワルドもエントランス付近に現れます。私たちが行った日は1日でほぼ全員チェックできました。


少し場所を変えて、アトラクション「ソアリン」付近、プレーンズのオブジェがある場所まで行くと…。


パイロット・ミニー!!以前は飛行機のCAさんの衣装で、ここでミニショーをしてたそうですよ(2014年11月時点はグリーティングのみ)。

時刻が17時を過ぎると、温暖なアナハイムの地もゆっくりと日が暮れてきます。
辺りが暗くなった頃に、遠くから賑やかな音が聞こえてきました。
なんとこんな夕方に、PIXARキャラ登場の「ピクサー・プレイ・パレード」が練り歩いてました。


慌ててカメラを向けて、なんとか撮れたウッディーとジェシー。


カーズが自力で動いてる!(当たり前か…)。目もぐりぐり動きます。

パレードに登場したのは、『モンスターズ・ユニバーシティ』『Mr.インクレディブル』『ファインディング・ニモ』『カーズ』のキャラ達でした。
WDWでも2・3年前までPIXARキャラのパレードを開催していたのですが(現在は終了)、内容的にはDCAの方がキャラもいきいきしてて楽しかったです。ちゃんと見ておけばよかった。

早い者勝ち!混雑必至な「ワールド・オブ・カラー」の席取りはお早めに。

さぁ、いい時間になってきたのでショー開催エリアにやって来ました。

スタート1時間30分ほど前に来ましたが、エリア周辺は人で賑わってましたね…。
ちなみにショーを鑑賞エリアで見るためには、ディナー付きプランを使うか、ファストパスで事前に鑑賞チケットを手に入れる必要があります。

ファストパスは鑑賞エリアの左側・右側どちらかが発見されます。どちらもショーが行われる泉(池?)に近いのですが、指定席ではないため、早めに来て場所を確保しておかないといけません。

それで早い時間から混むんですね。。エリアにはゆるい段差がありますが、人気はやっぱり先頭の列みたいです(めちゃくちゃ濡れるらしい)。

ディナーパッケージ利用者は、鑑賞エリアの中央で見ることができます。濡れることもなく良い角度で楽しめそうです。
ただこちらも指定席ではないので、結局早めに来て見やすい場所を陣取らないと行けません。
私たちは1時間半ほど前にいきましたが……イイ場所は取られてましたね。。柱がミッキー観覧車にかぶっちゃう、ビミョーな場所になりました。。

さて、アナハイムとはいえ11月の夜は寒いので、食べ物を買うことにしました。
パンの器に入った温かいクラムチャウダー。暖かくてほっこりします。

ショーの待ち時間にぜひオススメ!…したい所ですが、実はお店で買うときにちょっとした衝撃映像を見てしまいました…。

店のレジに並んでいると、奥の厨房からなにやら楽しそうな声。
よく見るとキャストが数人、↑のパンを投げたり転がしたりしながら遊んでいる光景が…。

キャストに投げられ、まるでゴミのように山になるパン…いやそれ、食べ物なんですけど。。
しまいには投げたパンをナイフで突き刺そうとしてみたり、上司らしきキャストも当然のようにスルーしたり…ヒドい光景が今もくっきり頭に残っています。

結局は買ったんですが、パンには手を付けられませんでした。次行くときには改善されているといいのですが。。

ショーのスタートまで1時間。ここでちょっと面白いイベントが始まりました。
目の前にある大きな観覧車と、ゲストのスマートフォンとを使った「色記憶ゲーム」です。

「ファン・ホイール・チャレンジ (Fun Wheel Challenge)」と名付けられたこのゲーム。
手持ちのスマホで、”Pier_Games”というWi-Fiにつなげれば誰でもゲームに参加できます。
内容はカンタン。観覧車の光が3分割されてランダムに光るので、おなじ順番でスマホ上の観覧車をタップする、というもの。

すばやく正確にタップして1番高いスコアを出した人には、少しの時間だけ、観覧車のイルミネーションを自由に光らせることができるんですって!これは楽しい!

私も何度かチャレンジしたのですが、Wi-Fiの電波が弱いのか、たびたび接続エラーが出てきちゃいました…。でも参加するだけでもおもしろくて、気づけばショーまで5分を切ってましたね。

(長々とすいません…)「ワールド・オブ・カラー」動画フル公開!!

というわけで、お待たせいたしました。
2014年より「アナと雪の女王」が全面フィーチャされた「ワールド・オブ・カラー」、そのフルショーを動画でご覧ください。
ネタバレ必至。現地で見たい方はスルーでお願いします。

どうでしょう。25分の長尺ショー、見ごたえありましたね。

正直、現地で見終わったときはあまりピンと来なかったのですが(笑)。あとから動画を見ていると、「よく出来たショーだなぁ」と感じます。
個人的には、最後まで花火に頼らなかったところに男気を感じました(←マイノリティ)。

楽しいこともビックリすることもありつつ…最後は感動のショーを見届けて、アナハイム2日目は終わろうとしています。
ホテルに帰る、その前に。暗闇にライトアップされたあのテーマランドへもう1度寄ってきます。