ハロウィーン期間の特別イベント「Not So Scary Halloween Party」へ!(前編) [WDW旅行記2013 DAY4-3]

この記事をシェアする

さぁ!9月〜10月にWDWに来る方はきっと行かれることでしょう、
ハロウィーン時期だけのスペシャルイベント”Mickey’s Not So Scary Halloween Party”に行ってきました。
タイトルが「そんなにこわくない」って言ってますから。子供も大人も楽しめること間違いナシです。

スポンサーリンク

夜を迎えるマジック・キングダムは、ヴィランズ(悪役)とゴーストの無法地帯に…。


夕刻のメイン・ストリート前。イベント前からゲストで大にぎわい。

さて。この「ミッキーのそんなにこわくないハロウィーン・パーティ」ですが
通常のWDW入場料とは別に、イベント参加費用がかかります。
参加者にはハロウィーンイベント専用のリストバンドが渡され、これがイベント参加者の証になるんですね。
(これ付けてないとけっこうガチでキャストに追い返されるので、無くさず腕に付けとくこと!)


もう、なんか…シンデレラ城のライティングからおぞましいよね…。

パーティは夜7時からスタート。
実は、2011年に行ったクリスマスのスペシャルイベントでは
シンデレラ城にてオープニングイベントがあったので、期待して城前にスタンバってたんですが
ハロウィーンの時は園内にナレーションが入って、それでオープニング終了なんですね。待ってて損しちゃった(笑)。

ハロウィーン・イベント限定のグリーティングやパレードが盛りだくさん!

このハロウィーンイベント、まずはグリーティングが普段と違います。

パーク内の至るところで、ヴィランズや普段会えないキャラクターがグリーティングしてるんですね。
アメリカでのヴィランズ人気は相当なもので。今回もグリーティングは大人気だったようですよ。

私たちはイベントスタート直後に、エントランスそばのこちらのグリーティング施設へ。
ミッキーとミニーのグリーティング会場ですが、今回はハロウィーン衣装でのグリーティングとのこと。
早めに行ったおかげで、5分ほどの待ち時間ですぐご対面できました。


パープルのハロウィーン衣装に身を包んだミッキー・ミニーがお出迎え

この時、私たち夫婦もハロウィーン仮装をしていたので
やたらその衣装をミッキーたちにほめてもらってました。
せっかくの海外なので、みなさんもハメを外しておもいっきり仮装してみては。ミッキーたち喜びますよ♪

海外だけでしか味わえない!ホンモノのダンス・パーティと、試される運…。

グリーティングのほかに、ダンスパーティも特別に開催されています。
WDWのダンスパーティはとても本格的で、DJが人気のダンスソングを(ディズニーに関係ない曲も)流しつつ
キャラクターがガシガシ踊る、日本では見られないスタイルのパーティでした。

例年ではこのパーティにチップ&デールが参戦するという情報をみた私たちは
よろこび勇んで、会場のトゥモローランドへ駆けていったのですが…。


わー!ブーだ!ブーもダンスするんだ!あれ、チップとデールは…?

2013年は映画「モンスターズ・ユニバーシティ」の公開を記念して、
特別にモンスターたちがダンスパーティを沸かす”Monstrous Scream-O-Ween Ball”が行われていました。
日本では見かける機会がないブーの姿が見えますね。マイクやサリーもいるのかな。

そして、チップちゃんとデールくんの姿は見えません。
おもいきって近くのキャストに”Can we meet Chip and Dale today ?”と問いかけてみたところ…。

”Chip and Dale? (ポケットから出演表のようなものを取り出して見つつ) …… No!”
…と一蹴されてしまいました。
「Noって。。。」うなだれるうちの奥様。せっかくチップの仮装してきたのにね。。

というわけで、お気に入りのキャラクターが出るかどうかは運しだい。
事前に海外サイト等で調べてみることをオススメします。

さぁ、ナミダを拭いて、深夜までつづくハロウィーンの夜を楽しみましょう。
後半はヴィランズ総出演のショーやコワくて格好いいパレード、そして意外なハロウィーンの楽しみ方をご紹介します。