ハリウッド・スタジオ ぶらり散歩 [WDW旅行記2013 DAY3-2]

この記事をシェアする

WDW3日目は、ハリウッド・スタジオとエプコットをメインに周ります。
まずは朝イチのハリウッド・スタジオへ。
お目当ては…チップとデールのグリーティングです。

スポンサーリンク

グリーティングは時間交代制。お目当てキャラが出る時間をチェック!

ハリウッド・スタジオの入口を抜けると
まっすぐのびたストリートの先に見える、巨大なマジックハット。
映画「ファンタジア」で魔法使いミッキーがかぶっていた帽子ですね。
朝のグリーティングはマジックハット付近で行われていました。

私たちが向かったのは10:00頃でしたが
その時はドナルドとデイジーが別々にグリーティングをしていました。

キャストの方にカタコト英語で、チップとデールの出る時間を聞いてみると
「11:00頃に出てくるよ」との回答が。教えてくれるんだ!
怖がらずにキャストに相談するのって大事ですね。というわけで11時までパークを散策します。

ゲストが少ない朝のパークをまったり散策。

パークを歩いてて思うのは、朝早くだとゲストが少ないなーという事。
日本の早朝からの混みっぷりが異常…とも言えるのですが、WDWの朝は本当におだやかです。


スターウォーズ衣装のぬいぐるみを発見。愛嬌のあるフェイス…。


なんとサリーとマイクのグリーティングが!リアルマイクはけっこうキワドい(笑)。


ハリウッド・スタジオの見所、PIXARストリート。トイ・ストーリー・マニアが近くにあります。

パーク内をつらつらと歩き、空いてるアトラクションに乗り…1時間ほど経過しました。
さきほどのグリーティングスポットに戻ってみると

いた!いました!鮮やかな色のハットとネクタイで決めた2匹がそこに。
しかも一緒にグリーティングしているのもありがたい!

列にならんで20分ほど。私たちの順番になりました。
WDWのチップとデールはとても陽気でフレンドリー。
そして、日本で買ったキャラクターグッズを身につけていると異様に喜びます(笑)。
このときも、奥さんが着ていたチップとデールのパーカーに興味津々でした。

ハリウッド・スタジオで人気アトラクションを制覇しよう!

さて、念願のグリーティングも終了し
午後のエプコット移動前に、アトラクションを堪能することにしました。
ハリウッド・スタジオはマジック・キングダムに負けない、人気アトラクションの宝庫でした。

タワー・オブ・テラー (The Twilight Zone Tower of Terror)
日本でもおなじみ。WDW版は昔アメリカで放送されていたTVドラマ
「トワイライト・ゾーン」がストーリーのベースになっています。
ディズニー・シーのアトラクションにはない「驚くべき仕掛け」もあるのでぜひ挑戦を!

スタジオ・バックロット・ツアー (Studio Backlot Tour)
WDWオンリーのツアー型アトラクション。
ハリウッド映画に欠かせない「特殊効果」を、列車に乗りながら体感するというもの。
岩の渓谷で大洪水が発生したり、爆発して炎が燃え上がったり…と
アクション映画さながらの光景を間近に体感できます。

ロックンローラー・コースター (Rock’N’Roller Coaster)
私がWDWでいちばん好きなスリル系アトラクション(奥さんはニガテ)。
ロックアーティスト、エアロスミスの激しいサウンドを聞きながら
暗闇のなかを急上昇・急降下・1回転するヤンチャなスリルライドです。
スタートダッシュから時速90kmオーバーで、息ができないほど圧がかかります!

他にもスター・ウォーズのライドやトイ・ストーリー・マニアなど
東京ディズニーリゾートでもおなじみのアトラクションもあります。
アトラクション好きな人には天国とも言えるテーマパークではないでしょうか。

ひとしきりアトラクションを堪能し、私はスッキリ、奥さんはゲッソリした所で
次の目的地、EPCOT(エプコット)へ向かいます。