WDWの最高級ホテル「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」宿泊レビュー [WDW旅行記 番外編]

この記事をシェアする

2013年9月。ハロウィーン時期のWDW/DCL旅行
この記事をもって旅のラストとなります。

オーランドに着いて10日目となる最終日。
ディズニー・クルーズ・ラインから下船した私たちは
WDW最高級のグレードホテル「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」に向かいます。
1度は宿泊してみたかった、あこがれのホテル。写真もたくさん撮ってきたのでしっかりとリポートしたいと思います。

スポンサーリンク

ドリーム号に別れを告げて、いざ最高級グレードホテルへ。


クルーズ下船日の夜明け前。船はすでにポート・カナベラルへ。

ディズニー・クルーズ・ラインでの最終日の熱い夜がおわり、
下船日のドリーム号は夜明け前からすでに港に着いていました。
楽しかったドリーム号での3泊4日も終了。そしてWDWで過ごすラスト1日のスタートです。


朝。この見慣れたロビーの景観ともしばらくのおわかれ。


合言葉はそう、「シー・ヤ・リール・スーン」ってね。

朝、船内でさいごの朝食をとったら、手ぶらで船を下船します。
じつは乗船時に持ってきた大きな荷物は、前日に部屋のそとに出しておくと
あらかじめキャストがポート・カナベラル内に運んでくれるんですね。
下船後に手続きをすると、荷物おきばから自分の荷物をみつけて、そのまま港の外に出られます。

港を出たら、WDWの各リゾート行きバスに乗車して
最終目的地、グランド・フロリディアン・リゾートへ向かいます。


ポート・カナベラルを跡にするバス。ほんとうに楽しい3日間でした。


1時間ほどバスにゆられ、見えてきたWDWエントランス。


グランド・フロリディアン・リゾートはマジック・キングダムのエリア内に。

開放的なロビー。きれいな庭園。白く映える建物…。圧倒的に美しいリゾート


到着。バス停前にはビクトリア調のまっ白な建物が。


入口もなんだか格調高い。さすがデラックスリゾート。

バスがリゾートに到着。外に降りたつと
先日まで泊まっていたコロナド・スプリングス・リゾートとは全くちがう空気が。


ロビーもこの開放感。ピュアホワイトの内装がほんとうに綺麗。


チェックインを終えてロビーの外へ。庭もとても美しい。


このリゾートの特徴が、白い壁と赤い屋根。

グランド・フロリディアン・リゾート&スパはいくつかの客室棟からできています。
私たちが今回泊まるのは「Conch Key (コンク・キー)」と呼ばれる棟。
マジック・キングダムエリア中央の湖にいちばん近く、
さらにはマジック・キングダムパークにも一番近い棟なんです。
予約時にリクエストしてみたら叶ったみたい。


コンク・キー棟のロビー。各棟にロビーがあるのも驚き。

そう、グランド・フロリディアン・リゾートの各棟に入ると
ロビーがあるんですよね。フロント棟のロビーだけじゃない事におどろきました。

しかも、下位グレードのホテルは客室までの通路が屋外に面しているのですが
グランド・フロリディアンはじめ高級ホテルは通路も室内にあります。
客室につくまでに、ヘンな虫とか見ることがないのも地味にうれしかったり。

客室をしっかりチェック。高級グレードの名に恥じない充実した設備。

さぁ、客室に入ってみましょう。
ドアを開けたときの景色がどんなものなのか…期待と不安がうずまきます。いざ。

適度な広さと大きなベッド。ふかふかしたソファに、
フットレスト付のソファがもうひとつ。
内装も清潔感があってかわいらしくて。またも「さすが最高級」と唸らせる仕上がりです。


「フカフカダネ」「フカフカナンダナ」


「アシヤスメニイイネ」「サイテキナンダナ」


「キモチーネ!」「サイコウナンダナ」


おなじみミッキーアートも、心なしか高級感が…。


アラーム付のステレオもあります。早朝の飛行機も安心!


テレビも完備。なんだか懐かしさを感じさせる棚。


ケイティさんが心をこめて掃除してくれました。感謝!

次にバスルームもチェックしてみましょう。
高級ホテルですから、もちろんバス周りも綺麗なことでしょうよ…。


そして本当に綺麗だった!


洗面台が2つある時点でデラックスだよね。


アメニティの種類も下位グレードとは異なります。


コーヒーメーカーと専用マグも2つ。


バスローブまである…!セレブ気分味わえそう。


でもバス・トイレいっしょなのが残念。クルーズも別々だったのに…。

バスルームも高級感ただようすてきな空間でした。
ただ、トイレとお風呂が同室だったのはちょっとだけ残念でした。
海外のゲストからすれば大した問題ではないんでしょうけどね。

そして、ここからが大事。
部屋の外、ベランダをチェックします。

ベランダがなぜ大事かというと、ここからパークがどれくらい近いか。
さらに言うと、「夜の花火ショーが部屋からもしっかり見えるか」を見極めるため。
ベランダからコーヒー飲みながらパークの花火を眺める…とか、やりたいですよね〜。


というわけでベランダをチェック。


かなりいい眺め!コンク・キー棟の湖側からの景色です。


パークのお城もしっかり見えます。夜の花火も期待できるかな…?

ベランダから見える景色はなかなかイイ感じ。
湖をはさんで向かいにはコンテンポラリー・リゾートも見えますね。
シンデレラ城もちゃんと見えます。


ただ、ちょっと虫が多いのが気になったかな。2匹も気になるようで…。

検証。マジック・キングダムの花火はグランド・フロリディアン・リゾートからどのように見えるのか。

マジック・キングダムに近いリゾートということで、
花火をリゾートから見る、という目的をもって宿泊する方も多いのでは。

私もそのひとりで、WDW最終日の夜は部屋のベランダから
花火「Wishes」を撮影してみることにしました。
以下、その動画です。参考にしてもらいたいのと、先に見たくない人はネタバレ注意です。

では、花火のスタートから終了までをフルでどうぞ。

…どうでしょう。
私は、正直なところ、ホテルのベランダから見たことを後悔しました(笑) 。
泊まった部屋がパークから、距離的にリゾート内でいちばん近いのは間違いないのですが
角度がちょっと悪かったですね。お城とバックの花火の場所がズレちゃってました。

リゾートから花火を見る目的なら、
もしかしたら同じくらいの距離にある「ディズニー・コンテンポラリー・リゾート」からの方が角度的にもよく見えるかもしれません。
実際、コンテンポラリー・リゾート内には花火鑑賞をウリにしたレストランもあるので…。

グランド・フロリディアン・リゾートからの花火鑑賞は個人的には残念でしたが
部屋のクオリティはかなり高いです。お値段張りますがオススメです。

あと最後にひとつ。グランド・フロリディアン・リゾート&スパでは
下位グレードのホテルでなれ親しんだ「ドリンク・マグ」が使えません。
そもそもドリンクバーがホテル内に存在しないのですね。

それを知らず、私たちはドリンク・マグ片手に
ホテル内をぶらぶらと歩いてました…。恥ずかしい(笑)。
リッチ層がターゲットのホテルなので、無料のドリンクは用意してないようです。お気をつけを。

さぁ、長くなりましたがグランド・フロリディアン・リゾートの宿泊レビューをお届けしました。
私たちは庶民が板についてるので(笑)、このホテルはちょっと背伸びホテルだったかな。
でも内装・外観ともに綺麗で設備も充実してるので、1度は泊まっておきたいリゾートだと思います。
みなさんのホテル選びの参考になればうれしいです。

そして、足掛け1年で書きつづってきた2013年旅行記もこれにて終了。
そして次からは、2014年旅行記がスタートします。

1年ちょっとでまた海外ディズニーリゾートへの旅に行くことに。
なんでまた行くの? 今度はどこ行くの? まだやる事あるの?
そんなギモンへの答えも込めて、またちょこちょことブログを更新していきます。

こちらもぜひお楽しみに!