エプコット ぶらり散歩 [WDW旅行記2013 DAY3-3]

この記事をシェアする

WDW3日目、午前中はハリウッド・スタジオを堪能してきました。
そして午後はEPCOT(エプコット)に移動。
夕方のキャラクター・ダイニングまでの時間、プラプラと散歩してきました。

スポンサーリンク

EPCOTのシンボル、大きな球体の中に潜入!


この巨大な球体、夕方にはライトアップされて非常に美しいんです。

EPCOTを訪れると目を引くのは、この巨大な球体。
これ、「スペース・シップ・アース」と呼ばれるアトラクションなんですが
EPCOTといえばこの球体、というくらいに強い印象がのこる建物ですよね。


球体の下にはアトラクションに入るスロープが。

ちなみにアトラクションはライド系。
2人乗りのトラムに乗って、球体の中をゆっくり上昇・下降しながら
地球とヒトとがはぐくむ過去・現在・未来をたのしくお勉強します。

また、トラムに乗ってすぐに顔写真を撮られるのですが
これがライドの後半で面白い仕掛けとして活きてきますので
EPCOTに行ったらぜひ体験してみてください。

なおこのアトラクション、疲れたときの小休憩用・かるい睡眠用にも使えます。。

2013年リニューアルの高速ライド「テスト・トラック」

さて、エプコットのアトラクションでもうひとつ乗っておきたいのが
2013年にリニューアルされた「テストトラック」です。

リニューアル前は車メーカーの運転試験場のような内装でしたが
新しくなって、よりサイバーな雰囲気が全面に出てきました。

乗車前には、車を自分の好きなようにカスタマイズする事もでき
(乗り物は同一なので、あくまでバーチャルでの話ですが)
乗車後には、カスタマイズした車がなんの基準なのかランキングで表示されます。

ライド自体はそこまで激しい動きは用意されていないのですが
ラストに長~いトラックを超スピードで走り抜けるところが非常に楽しい!
走行中は風もはげしいので、帽子やメガネを飛ばされないようお気をつけて。

EPCOTで遭遇。異様にテンションの高いチップ&デールとグリーティング


閑話休題。エプコットにも最近スターバックスが誕生しました。

EPCOTはグリーティング好きな人にもオススメのパークです。
パーク内にはグリーティング専用の施設があって、
ミッキー・ミニー・グーフィー・プルートなどの人気キャラと1度に会う事ができます。
(たしかファストパスも発行されていたはず)。

そして、その施設からほど近い木陰のスペースでは
裸のチップ&デールとのグリーティングも行われていました。
(グリーティング施設からソアリンへ向かう道の途中です)


外見はいつもの2匹なんですが、この時はテンションがおかしかった(笑)。

いつものように列に並んで数分、ついにご対面~。
…と思ったら、チップもデールもグイグイ近づいてきて
当人たちが描かれたショルダーバッグやぬいぐるみを奪い取ってきました!(笑)

デールがショルダーバッグを肩に掛けようと(!)トライしていると
2匹のぬいぐるみを奪ったチップは、「デールのはいらん」とばかりに、片方のぬいぐるみを近くの茂みにポイ。
それに気付いたデールはバッグを背負いながら(笑)、憤慨してデールのぬいぐるみを救出。

仕返しにチップのぬいぐるみを奪おうとするデール、逃げるチップ。
ようやく落ち着いて写真を撮ろうとしても落ちつかない2匹。
写真が撮れたとたん、今度は奥さんの着ていたチップ仕様のパーカーを着こなそうとするチップ。
チップに気をとられている隙に、ショルダーバッグを持って逃げようとするデール。
パーカーを着たまま、私の持っていたビデオカメラに気付き全身でアピールをはじめるチップ。
キャストさんに怒られてショゲながらバッグを返すデール…もカメラに気付いて必死にアピール。
去り際になって握手を求めてきた…と思ったら手をはなさずブンブン振りまくるチップ。

文章だと何が起きてるのか分かりにくいですが…
これまでに経験したことのないような「激しい」グリーティングが
5分ぐらいずーーっとつづきました。
想像以上のハイテンションなグリーティングに、奥さんは感動を通りこして困惑ぎみ(笑)。

このEPCOTで会ったチップとデール、今でも強烈に印象に残っています。
あの時の彼らは今もEPCOTにいるのかどうか…それは私たちには分かりませんが
2014年のWDW旅行時にも、EPCOTの2匹にはかならず会いに行こう。そう思うのでした。

さて、WDW3日目の陽も暮れて夕方に。
すでにトラウマ級のグリーティングを体験してはいますが
この後はガーデン・グリル・レストランで、またもやチップ&デールに会ってきます。


いろいろ散らかした後のチップとデール。最後までゴキゲンでした。