部屋も設備もOK!コロナド・スプリングス・リゾート宿泊レビュー [WDW旅行記2013 DAY1-5]

この記事をシェアする

日本を出発して約16時間…。ようやくホテルにたどりつきました。

今回泊まるのは「ディズニー・コロナド・スプリングス・リゾート」。
メキシコをイメージして建てられた、明るい色調のホテルです。

スポンサーリンク

値段・利便性のコストパフォーマンスが高いリゾート

2011年にはじめてWDWに訪れた際は、バリュー(低価格)クラスの
「ディズニー・オールスター・ムービー・リゾート」に泊まったのですが、
今回は円高タイミングでの予約だったので、少し贅沢してモデレート(中価格)クラスにしてみました。

このリゾートに決めたきっかけは、値段とアクセスの良さ。
モデレートクラスの中では比較的値段がおとなしく、
4つのテーマパークそれぞれからアクセスしやすい場所にあります。


こんなインディ・ジョーンズチックな雰囲気のプール(!)もあります。


美しい湖に映るあざやかな色のホテル。綺麗です。。

建物もメキシカンな雰囲気が出ていて楽しいです。
かといって派手すぎるワケでもなく、部屋の内装は落ち着いているので
日本人にも過ごしやすいホテルだと思いますよ

部屋の設備やアメニティもGood!ホテル生活には困らない、はず。


部屋はこんな感じ。外観とちがって落ちついた色調ですね。


どのホテルでも必ず出迎えてくれる「ミッキータオル」。はしゃぐリス達(笑)。

部屋の設備を挙げてみると、
ベッド、テレビ、冷蔵庫(最近導入されました!)、机、棚、金庫、コーヒーメーカー、アラーム付時計、電話機…など、必要なものはほぼ揃っています。


シャンプー・リンス類のアメニティも完備。バリュー(安価)クラスのホテルより良いもの使ってるみたい。


バス・トイレは一体型。アメリカなので仕方ないですね。

お風呂はトイレとの一体型。もちろんシャワーカーテンがちゃんと着いています。
取っ手をまわしてお湯を入れたりシャワーを出したりするのですが、温度調節になかなか苦戦しました(笑)。

また、お風呂を入れたまま放っておくと、お湯が床にまであふれ出ることがあるので要注意です。
(わが家は前回の旅行で床をビショビショにしたニガい思い出があります。。)


各ホテル棟にある自動販売機。飲み物のほかにスナックやクッキーのもあります。

さて。部屋の外には、飲食の自動販売機やコインランドリー、フィットネスルームなど便利な設備が整っています。
小腹が空いたらホテルのフロント棟にいけばレストランやショップもありますし、ホテル生活で不自由することはほとんど無いでしょう。

(ただ、今回の旅行で唯一、非常~~~に不便だった設備があります。それはまた後述しますね。。。)

リゾート生活はホテルに着いてからが本当のスタート!

ようやくホテルにも着いてホッとひと息…。つく暇もありませんでした。

部屋についたのが午後3時頃。
このあと5時からは、予約していたバーベキューダイニングが、
それが終わったら怒涛のお買物タイムが控えていました。

次回はやっとのミッキー登場!
「ミッキーのバックヤードバーベキュー」に行って来たので、そのレポートを綴ります。
次回からようやくWDW旅行記らしくなってきますよ~(笑)。