新ファンタジーランドの「Be Our Guest レストラン」で早めのランチを楽しもう。[WDW旅行記2013 DAY2-2]

この記事をシェアする

WDWマジック・キングダム散歩。まずは2012年オープンしたばかりの
新ファンタジー・ランドへ向かいます。
お目当ては、行列ができる人気レストラン「Be Our Guest」です。

スポンサーリンク

「Be Our Guest」レストランの混みぐあいは?

マジック・キングダム入り口からメインストリートを直進し
シンデレラ城をくぐり抜けると見えてくるのがファンタジーランド。
新ファンタジーランドはその奥にあります。

美女と野獣に登場するお城
レストラン後方には野獣のお城が。すこし小さいような…(笑)。

「美女と野獣」「リトル・マーメイド」「白雪姫」など
ディズニー伝統のプリンセス作品をテーマにしたアトラクションが並びますが、
なかでも人気で行列がたえないのが、「Be Our Guest」レストラン。

Be Our Guest レストランの入口
こちらが入口。オープンまで固く閉ざされる門…。

Be Our Guest レストランの看板サイン
おもむきのある看板サインにも”Be Our Guest”の文字。

WDWではアメリカンで大味なフードレストランが多いですが
ここは料理がおいしいと評判で、美女と野獣がテーマの内装も人気。
昼まえから行列ができるほどの人気です。

そんな前情報があったので、まずはオープン後すぐならんで
早めにランチを食べてしまおうと計画したのですが。
オープン直後の9:00頃、レストランに行ってみると人影はなし…。

「1番のりどころか、人ぜんぜん来ないね~」
などと話していたら、日本人のフォトキャストさんが話しかけてきてくれました。
なんとオープンは10:30から。「さすがにこの時間から並ぶ人はいないよ」とのこと。な~んだ。

ちなみに、オープンまで正面の扉は閉ざされたままなのですが
左側に別の入口があって、そこから中を見ることができました。
ゲストがだれもいない建物の中を見られて、なかなか貴重でしたよ。

混雑を避けるならオープン30分前ころには並んでおこう

他のアトラクションや風景を楽しみつつ、10:00にレストランに戻ると
すでに20組ぐらいの待ち行列ができていました。
あわてて並びましたが、時間的にはオープン30分前くらいに来るのがベストかも。

お城に入ったら、まずオーダールームで注文を取った後に、座席が並ぶフロアへ向かいます。
フロアは3つの大部屋に別れていて、それぞれ「美女と野獣」がモチーフの幻想的な景観が楽しめます。

Be Our Guestレストランで渡されるバラが刻印されたアイテム
オーダーが終わると渡されるナゾのアイテム。バラが刻印されています。

Be Our Guest レストランの内装。外には雪が…
ベルと野獣がダンスした大広間。窓の外では雪が舞い降りる…。

Be Our Guest レストランのフロア

Be Our Guest レストラン バラの入ったガラスドーム
別の部屋にはバラが入ったガラスドームが。バラが…散る……。

私たちはベルと野獣の日常風景がイラストで飾られた部屋に来ました。
座席にすわると、タイミングよく注文したフードが届けられてきます。

かなりウロウロしてたのに、座った場所にちゃんと商品がとどくフシギ…。
実はオーダー時にもらったナゾのアイテムが、キャストに場所を教えてくれていたのでした。

Be Our Guest レストラン 巨大なサンドイッチ
私が頼んだのはこれ。巨大なビーフサンドとフライドポテトの群れ。

Be Our Guest ビーフと野菜の煮込み
奥さんが頼んだビーフと野菜を煮込んだもの。これ、激ウマ。

私がたのんだローストビーフのサンドは、とにかく量が多くて
巨大なサンドをほおばるだけでアゴがかなり疲れました(笑)。

いっぽう、奥さんの頼んだ牛肉と根菜の煮込みはかなり美味!
ソースの味付けが日本人好みで、これは当たりだと思いました。

Be Our Guest 注文したフードたち
食後にはスイーツもついてきます。左のカップケーキは殺人的に甘かったな…。

…と、朝からかなりゼイタクなランチを楽しみました。
ちなみに料理の量は、どれもかなり「多い」です。わが家は食べきれませんでした。

美女と野獣の世界にひたりつつ、美味しい食事をいただける「Be Our Guest レストラン」
かなりオススメです。WDWに行ったらぜひ体験してほしいスポットですね。