2014年、TDLに新ナイトショー「ワンス・アポン・ア・タイム」が登場

この記事をシェアする

株式会社オリエンタルランド ニュースリリース
東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー® 新規エンターテイメントプログラムの導入について

ついに東京ディズニーランドにも
プロジェクションマッピング技術によるショーが登場します!
2014年春~夏、シンデレラ城に幻想的な映像が浮かび上がる…。

東京ディズニーリゾートの運営会社「オリエンタルランド」が
2014年登場の新ショーについて発表を行いました。

東京ディズニーランドでは、2014年に、プロジェクションマッピング技術を駆使したエンターテイメントプログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」を新規導入します。
「ワンス・アポン・ア・タイム」は、プロジェクションマッピング技術を駆使した、幻想的で心温まるナイトエンターテイメントです。
プロジェクションマッピングは、建物等の形状にあわせて投影することにより、映像を立体的に表現する技術で、東京ディズニーリゾート®のエンターテイメントプログラムでは初導入となります。

プロジェクションマッピングといえば、
最近は東京駅を使ったショーも話題になりましたね。
まるで建物自体が動いているかのような、フシギで楽しい映像体験が味わえます。

「ワンス・アポン・ア・タイム (Once upon a time)」は「昔むかし…」の意味。
ディズニーの名作映画やキャラクターがシンデレラ城をスクリーンに動きまわり、
音楽と花火でさらに会場を盛り上げるんでしょうね。

アメリカやパリのディズニーリゾートにつづき、待望の登場です。
TDR31年目の幕開けをかざるショーになるのでは。楽しみですね!