TDR30周年パレード「ハピネス・イズ・ヒア」のチップとデールに会ってきた!

この記事をシェアする

「HAPPINESS」をテーマにしたデコレーションやショーで盛り上がってますね。
ちなみに私ダンナもTDRと同い年なので、なんか親しみを感じてしまいます。

そんな30周年に湧く東京ディズニーランド(TDL)の新しいパレード、
「ハピネス・イズ・ヒア」を観てきました。
もちろんお目当てはチップとデールです。

スポンサーリンク

左がデール、右チップ……。

新しいパレードの登場にヨメは興奮していたようで、
ベストなポジションでチップ&デールを撮影できる場所を探していました。
(ちなみに我が家はカメラ派ではなくビデオ派です。。)

しかしこの「HAPPINESS IS HERE」パレード、
チップ&デール好きには悲しいフロート(乗り物)のつくりになっていたのです。

あれ、デールの姿が見えない…。

なにかと言うと、上の画像を見てください。
あれ、いつもおそろいの2匹なのに、デールがいない…。
そう。このフロート、橋のような仕切りが中央にあって
進行方向の左側でデールが、右側でチップが踊っているんですね。
つまり両方の姿をカメラに収めることはほぼ不可能…。
うーん。チップ&デール好きにとっては悔しい仕様なのです。

奇跡のポジションをねらえ

しかし、唯一2匹が同じ方向を向く場所があります。
パレードが進むルートは、たいてい両側にゲストが座る場所がありますが
1ヶ所だけ、ゲストが片側にしか座れない場所があるんですね。
それが、パレード終盤のルートとなる場所「トゥーン・タウン」です。

片側にゲストは座れません。

上の写真は、トゥーン・タウンの入り口付近。
ちょうど「プーさんのハニーハント」と囲まれた通路になります。
この「ハニーハント」側は木々に囲まれているので
ゲストが座れないようになっているんですね。

このポジションはゲストの人にはよく知られた「穴場」的スポットらしく、
私が当日の朝に場所取りに行くと、すでに何人かのゲストが陣取っていました。
パレードルートの中では1番早く埋まる場所らしいです。

ヒマつぶし必須。6時間以上待機した結果は…

さて、パレードがはじまるのは午後3時頃。
その日は風が強く、パレードの内容が変更される可能性があるとアナウンスされていました。

午前10時過ぎには、すでに座り見の1列目は埋まってましたが
さらに5時間の待機…。けっこうしんどいです(笑)。
パレードを待つ場合は、本やゲームなどのヒマつぶしを必ず持参しましょう。

そしていよいよ午後3時。
パレードが見えてきました…!

グーフィーさんからパレードスタート。

トイ・メンバーももちろん登場!

プーさんもティガーもいます。

さすが30周年の記念パレード。主要キャラ総出演ですね。
テーマソングの「Oh〜♪ Come on Let’s Go〜♪」も耳に残ります。

あ、チップだ!!帽子がステキ。

あ、チップだ!チップが来ました。
そして反対側のデールは見えるかな?

どーん。フロートの隙間からデールさん登場。

どーん。一瞬でしたが、たしかにデールがこっちを向いています。
2人の顔が見えてよかった〜。6時間待った甲斐がありました。
ダンナ的には、デールのこの緊張感のない顔が好きです(笑)。

というワケで、チップ&デールを一緒に拝みたい方は
トゥーン・タウンエリアでの待機をオススメします。
もちろん2回パレードを見て、それぞれをしっかり見るのもアリですね。