大人気のDCA「カーズ・ランド」はアトラクションもエリアも完璧! [DLR旅行記2014 DAY2-4]

この記事をシェアする

「グーフィーズ・キッチン」でお腹もグリーティング欲も満たされた私たち。
次は念願の「カーズ・ランド」へ行ってきました。
「ディズニー・カリフォルニア・アイランド(DCA)」にしかない唯一のテーマランド。体験した感想はひとこと、「最高です。」

スポンサーリンク

ルート66も、巨大な岩場も…映画でみた風景が完全再現された「カーズ・ランド」

アナハイムのディズニーランド・リゾート(DLR)にしか存在しないテーマランドがこの「カーズ・ランド」。
映画「カーズ」の世界を再現…ということで、映画を楽しんだ人ならもちろん興奮モノだと思います。

わが家も映画はひと通り見ていますが、そこまでのめり込んだワケでもなく…。
「ココにしか無いから見ておこうか」くらいの温度感でした。

しかし、ひととおり散策してみて気づいたのは、ここがDLRで最強のテーマ・ランドだという事でした。

「カーズ・ランド」はDCAの入口からそのまままっすぐ進むとエントランスが見えてきます。
クリスマスデコレーションに飾り付けられた街「ラジエーター・スプリングス」はとても綺麗。それでいて映画にあったようなすこし寂れた空気感も残っていて、映画ファンならずとも「よく出来てるなぁ」と感心してしまいます。


クリスマスデコレーションにも「カーズ」ならではのギミックが。


「カーズ」の街並みでも特に印象的な「フローのV8カフェ」。


「フローのV8カフェ」のメニューはこちら。


劇中でマックイーンに引っこ抜かれてた記念碑。フォトスポットになってました。

映画でみた建物もしっかり再現されています。
クリスマスの飾り付けも「車」に関連したユーモアあるデコレーションばかり。想像よりだいぶ上をいく作り込みにテンションが上がってきます。

DCAでベストの爽快感!必ず乗っておきたい「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

それでは、「カーズ・ランド」随一の人気をほこるアトラクション「ラジエーター・スプリングス・レーサー」へ。
午前中にゲットしておいたファストパスでスイスイと中へ進めました。


視界を覆う広大な大地!その向こうにはアナハイムの街並みがあるなんて信じられません…。


搭乗口までの道(キューライン)のオブジェ、見てるだけで楽しい。


この可愛らしいカーに乗って出発。何色かカラーがあり、赤色のカーに乗れたらかなり幸運。

アトラクションそのものは、WDWのエプコットにある「テスト・トラック」と似ています。
前半はカーズに出てくるキャラクターとのシーンを楽しみつつ、後半は広大なラジエーター・スプリングスの景色をレースでかっ飛ばす…というもの。

前半のキャラクターとのシーンは…まぁ英語なのでしっかり理解はできませんでしたが
車のカタチをしたキャラクターたちがグニグニ動くのには感動しました。。さすが世界のディズニー。

そして後半のレース。
巨大な岩場に覆われた大地を、トップスピードで駆け抜けるのは想像以上にキモチイイ!
2台が並列して走るので、「どちらが勝つか!?」的なデッドヒートを楽しめるのもいいです。単純に乗っていてとても爽快感があるアトラクションで、私も奥さんも大満足でした。
(大満足すぎて、滞在中あと2回くらいリピートしてます…)

さて、「カーズ・ランド」にはこの他にも2つのアトラクションがあるので、そちらもトライしてみましょう。


「ルイージのフライング・タイヤ」入口にはタイヤでできたツリーが!


エントランスで出迎えてくれるのも大量の「タイヤ」。


こらこら。


手すりにも「タイヤ」。細かい所まで冴えわたるギミックが素敵。


エントランスを抜けると、巨大なタイヤがぐりぐり動くのが見えます。


これが乗りもの。この巨大なタイヤが地面から浮き上がるんですね。


巨大タイヤを浮かせるのは、地面に空いた穴からの空気。

「ルイージのフライング・タイヤ」体験してきました。2015年現在は1年近くの改修期間に入ってます。
巨大なタイヤに乗って、身体を左右に傾けるとその方向にタイヤが動く…というアトラクション。地面からの空気によってタイヤがホバーするので、ちょっと身体を傾けるとユルっとその方向に動き出します。
ほかのタイヤとぶつかる時にはそれなりの衝撃がありますが、なかなか楽しいです。

つづいて「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー」へ。


エントランスにはこれでもかという程の看板が。


ここにも大量の看板が……ん?日本語?


このメーターの乗り物がぐるんぐるん回ります。けっこうな回転で…うっぷ。

「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー」。ま〜目が回ります(笑)。
カントリーの陽気なメロディーに合わせて、メーターの乗りものが大きく8の字にスピンしまくり。予想外の方向に急回旋するから、酔いやすい方はお気をつけて…。

これらのアトラクションも小粒ながらも楽しめましたが、やっぱり「ラジエーター・スプリングス・レーサー」がイチバンだなぁ。
DCAに来られた際は、時間がなくても「ラジエーター・スプリングス・レーサー」にだけでも乗ってほしい!アナハイムに来たかいがあったと思わせてくれる最高のアトラクションです。

「カーズ・ランド」の予想以上の楽しさに大満足したところで、時刻は2時をまわりました。
そうそう、どうしても見ておきたいショーがありました。というわけで私たちはいそいで入口近くの広場へ向かいます。