カリフォルニア ディズニーランドの立地・移動手段・周辺ホテル位置をチェック

カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド・リゾート(以下DLR)は、ハリウッドで有名なロサンゼルスの街から車で40分ほど離れた場所に位置しています。

空港からどのくらい離れているのか、まわりはどんな建物に囲まれているのか…ちょっとイメージしにくいですよね。

そこで、今回はカリフォルニアのDLRの立地まわりについてご紹介します。

こちらの記事もあわせてどうぞ♪

この記事の目次

立地場所について – アナハイムってどんなとこ?

世界で最初のディズニーランドがある、カリフォルニア州アナハイムの風景

ディズニーランド・リゾート(DLR)がある「アナハイム」は、アメリカ カリフォルニア州の都市のひとつ。

アメリカ有数の大都市ロサンゼルスから少し離れた内陸にあります。

日本でいえば、羽田空港から千葉の舞浜までの距離間に近しいでしょうか。

Google Mapで見ると、ロサンゼルス国際空港からはけっこう離れているのが分かりますね。

アナハイムといえば、アメリカの野球チーム「ロサンゼルス・エンゼルス」の本拠地としても有名。

また、最近では日本でも開催されている、2年に1度のディズニーのお祭りエキスポ「D23 EXPO」が開催されるコンベンションセンターも、DLRのそばにあります。

さて、そんなアナハイムの街でディズニーランドがどんな立地にあるかと言うと…。

区画整理された市街地の中に、DLRの敷地がドンと鎮座しているのが分かりますね。

DLRの近くにはフリーウェイ(高速道路)や一般のショップ・コンビニ・住宅などが見られます(ちなみに建設当時は広いオレンジ畑が広がっていたそうです)。

海に面してつくられた東京ディズニーリゾートや、山手線内エリアの1.5倍のエリアが広がるフロリダのディズニーリゾートとは、趣きがかなり異なりますね。

DLRには「ディズニーランド」と「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」の2つのテーマパークがあります。

2つのパークは中央エントランスをはさむように対面につくられ、その間にダウンタウン・ディズニー(ショッピング街)の通りが走っています。

そしてダウンタウン・ディズニーの通りの先には、ディズニー公式の3つのリゾートが並んでいます。

WDWと比べるとこじんまりとした印象ですが、エントランスを入ればすぐにディズニーランドならではの楽しい雰囲気に包まれ、周りが市街地であることを忘れさせます。

アナハイムの市街地に溶け込むように存在するテーマパーク、それがカリフォルニアのディズニーランド・リゾート(DLR)の特徴です。

移動手段について – バス?タクシー?コスパや安全面から考える

日本からDLRに向かう際は、ロサンゼルス国際空港からDLRまでの移動手段をかならず手配しなければなりません。

車で40分ほどかかる距離なので、往復で考えるとそれなりに交通費がかかります。

しかも初めての海外だと、安全面でも不安がありますよね。

そこで、空港からDLRまでの移動手段としてオススメの方法をご紹介します。

安全最優先ならディズニー公式バスがオススメ!でも利便性はイマイチ…。

フロリダでは、空港からホテルまでの移動手段として無料の公式バスが利用できますが、アナハイムでも有料ながら公式バスは存在します。

それが「ディズニーランド・リゾート・エキスプレス」。"コーチUSA"というバス会社がディズニーと連携して運行している公式バスなので、初めての海外移動でも安心して乗ることができます。

はじめてアナハイムを訪れる方なら、この「ディズニーランド・リゾート・エキスプレス」バスの利用を強くオススメします。

このバス、利便性はあまり良くないのですが、それでも「安心して乗れる」というメリットは非常に大きいからです。

…では、「ディズニーランド・リゾート・エキスプレス」のどんなところがダメかというと。

  • ディズニーランド・リゾート・エキスプレスのダメなところ
  • バスの発着時間が少ない・間隔が広いため、時間をロスしがち
  • 空港・ホテルでの乗り場が非常に分かりにくい
  • 大人1人につき往復48ドルは(他の移動手段に比べて)ちょっとだけ高い
  • 公式と言いながら、バス車内にディズニーらしさがない

ここら辺のデメリットが、他の移動手段と比べて微妙なところでした。

特に困るのがバスの発着時間が少ない・間隔が広いという点です。

下記の公式サイトには、空港からのバス発進時間が書かれているので確認してみてください。

飛び先ページに表示されるPDFの2ページ目、左側に、ロサンゼルス空港からのバスの発進時間が記載されています。AM/PMに分かれた表です。

時刻表を見ると、朝の7時台から夜8時台まで、1時間に1回のペースでしかバスが来ないことが分かります。

しかもこのバス、「あと何分で到着するか?」といった事前情報がどこにも表示されないため、バスが来るであろう時間の少し前からバス停に待機していなければなりません!

「もうそろそろ来るハズなんだけど…もしかして乗り遅れてないかな…?」こんな不安な気持ちを抱きながらバスを待つのは、なかなかのストレスです。

それでも、公式バスであるという圧倒的な安心感は他には替えられません。

なので初アナハイムでは公式バスを使い、2回目以降は別の移動手段を試すというのが良いかも。

相乗りタクシーでスグに手軽に!スーパーシャトル

空港→ディズニーランドへの移動手段で、いちばん安く手軽に使えるサービスです。

ロサンゼルス国際空港のバスターミナルに着くと、こんなバンスタイルの車をいくつも見かけます。

これは「スーパーシャトル」と呼ばれる相乗りのタクシーで、最大6名ほどのゲストを載せて、各々の目的地を巡っていきます。

乗り方はかんたん。ターミナルで待機しているスタッフに、乗る人数と目的地を伝えましょう。

すると同じ方向に向かうゲストと同乗できるよう設定してくれて、数分も待てばすぐにバンに乗ることができます。

乗る人数や走行距離にもよりますが、だいたい1人あたり片道20ドル前後で目的のホテルに着けると思います。

また帰りのシャトルの手配もネットから手軽に行えます。

公式バスに比べてスグ乗れる便利さ、そして相乗りならではの高コスパがスーパーシャトルの魅力です。

一方、デメリットとしては運転手によっては運転が荒い、乗り場がせまい、同乗者の目的地によっては到着まで時間がかかるといった点が挙げられます。

タクシーやUberアプリを使う手もあるが…

この他の移動手段として、タクシーに個人で乗る方法や、アメリカで主流の配車アプリ「Uber」を使う方法もあります。

ただ、どちらの方法も安全面やコスト面(ぼったくりも含めて)から、私はあまりオススメしませんし、自分でも使わないと思います。

緊急時の移動であればタクシーが便利ですが、空港→ディズニーランドと規定のルートの移動であれば、上記のバスまたはスーパーシャトルで十分です。

周辺ホテルについて – テーマパークまでの距離は?

さて、空港から移動手段に乗ったら、向かうは予約したホテルになりますね。

別の記事(「アメリカ ディズニー旅行の費用まとめ。航空券やホテル代の値段は?」)でも書きましたが、アナハイムのディズニー公式ホテルは1泊5万円以上と高額なため、コスパを意識するゲストは公式ではなく、パーク近辺にあるホテルに宿泊される事が多いと思います。

私の場合も、過去3回の旅行ではいずれも公式ではないホテルを選びました。

ところで、DLRの周辺ってどれくらいのホテルが存在するんでしょうか。Google Mapで見てみると…。

DLRの敷地をとり囲むように、さまざまなホテルが立地しているのが分かります。

ではホテルからDLRまでの距離がどれくらいかと言うと、いちばん近いホテルでも、エントランスにたどり着くまでは徒歩5分近くかかります。

私がDLRに滞在した際には、2014・2015年にはクラリオン ホテル アナハイム リゾートというホテルを、2017年の旅行ではクオリティ イン&スイーツ アナハイムというホテルを利用しました。

どちらもホテル自体は快適だったのですが、ネックになったのはDLRエントランスからの距離です。

特にクラリオン ホテル アナハイム リゾートは、ホテルこそ満足度は高いものの、DLRまでは徒歩20分ほどかかります。

この片道20分の距離が、パークで遊び終えてクタクタになった身体にはこたえます…(笑)。

道の途中にセブン-イレブンや薬局があるので買い物には困りませんでしたが、一般のホテルを選ぶ際に、DLRからの距離は重要だという事を思い知りました。

ちなみに次回の旅行では、DLRから徒歩10分ほど、途中にマクドナルドや小売店があって利便性が高く、利用者の評価も高いホリデイ・イン エクスプレス & スイーツ アナハイム リゾート エリア というホテルを選ぶ予定です。

このエリアのホテルは値段もグレードも多種多様です。宿泊を検討される方は、エクスペディアを始めとした海外ホテルの検索サイトで、お好みのホテルをじっくりと探してみてください。

その際はDLRエントランスまでの距離も検討事項に入れることをお忘れなく!