ドリーム号の客室をチェック!WDWホテルを超えるルーム設備に感動。 [DCL旅行記2013 DAY1-3]

この記事をシェアする

ドリーム号に乗船後、スカイデッキをひと通り散策した私たち。
ランチも済ませ、いよいよ自分たちの客室へむかいます。

スポンサーリンク

WDWリゾートより快適…?な客室。ベランダの開放感も最高。

客室をさがし歩いてみるとすぐ分かるのですが
この船は本っ当に広い。というか縦に長い。。
上の画像のように、地平線まで見えそうな廊下をずーっと歩くことになります。

エレベータから遠い客室だと、疲れているときにツラい思いをするので
予約される際にはエレベータそばの客室をリクエストするといいかもしれません。


やっとたどり着いた…。私たちが泊まる客室です。


ドアを開けて中へ。思ったより広い!


ベッドもきれい!私がダイブした後なので、シーツがクシャってなってますが…。


立派なデスクもありますね。想像以上のルームにご満悦の2匹。


デスクにはクルーズのガイドブック(重厚!)と、今日のタイムテーブルが。


PHSもありました。宿泊者ぶん用意されていて、船内での連絡にはこれをつかいます。


テレビを見ながらゆったりできるソファー。そして手前のテーブルは…。


パカッと開きます。荷物を入れておくと室内もスッキリ。


ベッドそばにはオーディオ機器も。アラームつきなので朝も安心!


なんと絵画までかざられています。DCLが誇る4つの船。

室内は想像よりだいぶ広く、2人で泊まるには申し分ないサイズでした。
とても清潔で、WDWリゾートに泊まるのとほとんど変わらない感覚で過ごせます。
室内をひととおりチェックしたら、つぎはお楽しみのベランダへ。


ベランダにはテーブルと2人分のイスが。「海を見ながらカンパイ」仕様ですね。


外ーーっ!!!風が気持ちいい!向こうには別のクルーズ船が。

ベランダ付き、大正解でした!
この開放感はクルーズの醍醐味だと思います。
これで沖に出たら、視界がすべて海になるんだろうなぁ。素敵だなぁ…。
航海がはじまってからのベランダでのひとときがとても楽しみ。

ベランダから戻り、気になるトイレタリーまわりもチェックです。


バスルームは想定通りの大きさ。でも船の中って考えたら十分すぎる設備。


トイレも清潔ですね。文句のつけようがありません。

クルーズの客室でおどろくのが、バス・トイレ別だという事。
WDWのデラックスホテルでも一緒なのに、クルーズ船はちゃんと分かれています。
これはとっても嬉しい!日本人にやさしい仕様ですね。

ドリーム号のお部屋探訪。いかがでしたか。
わが家的にはかなり過ごしやすい設備と開放感たっぷりのベランダとで
かなり高得点だと思います。

長くなっちゃいまいたが、出航まではまだ時間があるので
次回は船内をブラブラしつつ、出航式「セイル・アウェイ」にそなえます。