「パイレーツナイト」ショーありビュッフェあり花火ありのお祭りクルーズ! [DCL旅行記2013 DAY2-5]

この記事をシェアする

2泊3日ドリーム号の旅は2日目の夜を迎えました。
今宵は船内で行われるスペシャル・ナイト・イベント、
「パイレーツ・ナイト」で盛大に盛り上がります!ホーホーホー!!

スポンサーリンク

ディズニーキャラショー、カリブの海賊ショーに花火…と盛りだくさんの夜!


スカイデッキに着くと、すでに沢山のお客さんが。

「パイレーツ・ナイト」はおおきく2部構成に分かれます。
まず1部では、ミッキーはじめディズニーキャラクターがほんわかマイルドなパイレーツ・ショーを魅せてくれます。
つづく2部ではパイレーツ・カリビアンの世界が舞台。船上にアノ男が姿を現します。


まずはミッキーたちのパイレーツ・ショーからスタート。


大型ディスプレイに登場するこのドクロが案内役。


まずはドナルド・デイジーがパイレーツルックで登場。


グーフィー、ミニーも登場します。そして…。


われらがミッキーも登場!


わーってみんなで歌って踊って終了。ハッピーなショーでした。

1部のショーが終わりすこし時間を明けて、2部のショーがスタートです。
時間は10時ちかく。まだまだドリーム号の夜は終わりません。


さっきまでオチャメだったドクロが極悪ドクロに…。


悪い海賊たち登場。「この船をのっとってやっぞー!」


「そうはさせん!」「誰だ!?どこにいる!」キョロキョロ。


「ここさっ」「じゃ、ジャックスパロー!?」


ワイヤーでスルスルと降ろされるジャック。すったもんだあって…。


「とりあえず用意してるから花火上げるね!せーの…」


「どーんっ!!」ジャックの手から火花が放たれる!

2部はジャック・スパローが活躍するミニ・ショー。その流れから海上での花火が始まります。
ここの花火も、BGMに合わせてタイミングよく舞うのがキレイでした。
ボリュームではさすがに地上の花火に及びませんが、船から花火を見上げる…というのもいいものですね。クライマックスは花火が乱れ打ち、会場も盛り上がります。


花火が終わるとスカイデッキはダンスフロアへ。「クラブ・パイレーツ」がスタート。


爆音で流れるダンス・ナンバー。わが家のチップもノリノリ。

花火もいいけどスイーツもね。パイレーツ・ビュッフェで甘いひと時を


スイカの革を掘ってつくられたアート。スゴイ。そしてキモい…。

クラブ・パイレーツには後ほど合流することにして
私たちはスカイデッキ横のカバナで行われている「パイレーツ・ビュッフェ」へ。

つい2・3時間前にディナーを食べたばかりの私たちに
これでもかという程のスイーツ・デザートが用意されています。
これもパイレーツ・ナイトだけの限定ビュッフェです。


食べ物といっしょに飾られていた船。装飾もすごい。


私のチョコレートケーキ、目の前の2匹にねらわれてますね…。

甘いものは別腹…といいたい所ですが
ケーキ2・3個と果物を食べたところで、夫婦そろってギブ・アップ。
かなり甘〜いケーキが多いので、すこし食べれば満足してしまうのでした。


クラブ・パイレーツに戻ってみると、人もまばらに…。1時間程で終わっちゃうみたいです。残念

パイレーツ・ナイトを楽しんだ私たちが部屋にもどると、
ベッドメイキングされた室内に置かれた、4つの封筒。

これは船内のキャストへのチップを渡すための袋。
ベッドメイキングをしてくれたキャスト、そしてディナーでお世話をしてくれたキャストの計4名に払うことになります。

それぞれいくら程いれるかは、泊数によって異なるようですが
ミッキーネットさんのHPに詳細な記載がありました。

■3泊4日の場合
1. レストランでのウエイター(Server) 12.00ドル
2. レストランでのアシスタントウエイター(Assistant Server) 9.00ドル
3. レストランでの全体をお世話するヘッドサーバー(Head Server) 3.00ドル
4. 部屋を掃除してくださるキャストさん(Stateroom Host or Hostess) 12.00ドル
合計金額(お客様お一人当たり)36.00ドル

チップは下船日までに本人に私に行くか、
下船日の受付に預けることも可能です。
ちなみに私たちの場合、ベッドメイクしてくれたキャストさんは自ら部屋に挨拶に来てくれました(笑)。お世話になってますからね。笑顔でチップを渡しましょう。


だってこんなステキなタオルアートもしてくれるのですから。

明日はドリーム号で過ごす最後の1日。
いよいよ最終目的地、ディズニーが所有する小さな島、キャスタウェイ・ケイに下船です。
明日も晴れるといいな。