ついにドリーム号乗船!まずは屋上デッキを散策しつつ美味しいランチを [DCL旅行記2013 DAY1-2]

この記事をシェアする

ホテルからバスを乗り継ぎ、
ようやくポート・カナベラル港へたどり着いた私たち。
港のロビーで時間をつぶしていると、ついに乗船のアナウンスが始まりました。
いよいよ、ドリーム号への乗船です!

スポンサーリンク

ミッキーアーチのゲートをくぐってON BOARD!目の前に開けた視界は…


ゲストが次々と乗船口へ。最大4000人は乗れるらしいです。

お昼の12時ころ、港のロビーでは英語のアナウンスが鳴り響き
番号を呼ばれるとゲストがつぎつぎとゲートの中へ歩いていきます。

今回のクルーズ、私たちは乗船の1年前に予約していたので
きっとかなり早い番号で呼ばれて乗船できる!…と思っていたのですが
しばらく待っても番号が呼ばれず、けっきょく順番がくるまで40分ほど待つことに。

港から分までの連絡通路で、予約の再確認が行われます。
それが終われば、あとは乗るだけ。長い列がジリジリと進んでいきます。
そして、船の入口が見えてきました!

「ウェルカム・アボード、◯◯◯ファミリー!!!」※実際は本名で呼ばれます
キャストが高らかに声を上げると、まわりのキャストも一斉に拍手を始めました。
かなりウェルカムな雰囲気のなか、ようやくオン・ボードです!!

そこに開けた視界に、私はちょっと目眩しそうになりました。
ゴールドカラーに輝いた美しい船内ロビー。
天井から明るい光を差す、七色のシャンデリア。(上の写真みると隠れミッキーまでいますね!)

この船内の美しさは、私のヘタな写真では伝わらないですね…。
できればぜひ、乗船してその目で確かめてほしいです。本当に綺麗。
2人でウットリとしていると、ロビーの上の階でパタパタと動くキャラの姿が。

オン・ボード時にはドナルドが出迎えてくれるみたいです。
このドナルドは元気だったなぁ。私たちはいそいで駆け寄り、グリーティングしてもらいました。
なんというウェルカムなムード。出発前からドリーム号で夢見ごこち状態…。

出発までしばらくの自由時間。まずは屋上デッキを散策!

さぁ、この幸せな気分のまま、船内をさんぽしてみましょう。
出発前のボートドリル(避難訓練)が午後4時から。それまでは自由時間となります。


マップで場所を確認。この船14階まであるのね……。


スカイデッキ到着!ウッドデッキと赤い煙突が青い空によく映えます。


さっきまで遠くに見えていた赤い煙突がこんなに近くに!…ん?なんかヘンなオブジェが右下に見えますね。。


ドナルドだったのね。どうして煙突に突っ込んでるのか、真相はぜひ乗船してお確かめを!


こども限定のミッキープール。船の上で泳ぐなんて気持ちよさそう。


こちらもこども用の水遊び場。ニモの世界がモチーフですね。


デッキにはフリーで巻き放題、食べ放題のアイスクリーム屋も。


「アイ・スクリーム」ね。なるほど…うん。


デッキでは海を眺めるテラス席でのランチも可能。

ひとしきり屋上デッキの散策をした私たちは、
「カバナ」と呼ばれるビュッフェ型のレストランでランチを取ることに。
カバナの利用をはじめ、写真にあったアイスクリームショップなどは
いつでも無料で楽しむことができます。
(カバナについては後ほどまた画像付きでご紹介します)

テラスで美味しいランチを楽しみつつ、身も心もお腹いっぱいになりました。
次回は気になる客室チェックと、船内もちょこちょこと散策してみます
そして夕方になればセイル・アウェイ、いよいよ航海のはじまりです!