ドリーム号最後の夜。「シー・ヤ・リール・スーン」セレモニーで感動の瞬間を。 [DCL旅行記2013 DAY3-3]

この記事をシェアする

無人島キャスタウェイ・ケイでのひとときも終わり、
ドリーム号で過ごす3泊4日の旅もついにクライマックスへ向かいます。
3日目の夜も、グリーティングにディナーにセレモニーに…とイベントが沢山。

スポンサーリンク

ディナー直前は正装で格調高い(?)グリーティングタイム

キャスタウェイ・ケイから船にもどった私たちは、
夜に控えるドレスコード付きのディナーに向けて、フォーマルな衣装に着替えます。

最終日はロイヤル・パレスでのディナーとなり、正装が(いちおの)ルール。
ドレスコード…と言っても厳密なものではないようで
レストランにはTシャツ姿の人もいましたが。
念のため私はジャケット着用、相方は簡易ドレスに着替えました。

そして、ディナー前のひとときにはロビーでのグリーティングが。
ロビーから階段をのぼって4階に行くと、さっそくミッキーに遭遇。


正装ディナー前だからか、ミッキーも白いキャプテン衣装でキメてます。

キャプテンスタイルのミッキー。格好いいですね。
ただ今回のミッキー、衣装がクールなのに内面はかなりファンキーだったようで
ロビーで流れる生演奏にあわせて、ダンスしたりクネクネしたりして可愛らしかったです。


ハワイアンな音楽にあわせてキャストとダンスするくらい元気。

そして、ミッキーとのグリーティング中にキャストが窓の外を指さしました。
なになに?誰か来たの?と振り向くと…


丸窓のそとにはタキシード姿のチップとデール!!

こちらも正装でキメたチップとデールが登場!
相方はこのタキシードチップ&デールに会いたかったそうで、感動してました。


そして3人でまたおどりだす…。

念願の正装チップ&デールとのグリーティングも無事完了!
私たちはディナー会場のロイヤル・パレスへ急ぎます。


正装してても中身はチップとデール。ずっとはしゃいでました(笑)。

ロイヤル・パレスでドリーム号最後のディナ―を味わう

グリーティングに参加した結果、
ディナーのスタート時間からすこし遅れて到着することに。

以前の記事でも書きましたが、
参加人数によっては、毎ディナーで同じゲストと相席になります。
そして両ゲストがそろわないと食事がサーブされないので
遅刻するとちょっと気まずい空気になります。

私たちは事前に案内所で、グリーティングで遅れることを伝えていたので
席に着いたときには、相席のゲストはすでに食事をはじめていました。
遅れてきたこちらを見て、かるく会釈してくれたのでホッとしました。。

さぁ、こちらも最後のドリーム号ディナーを楽しみましょう。

さすが、ドレスコード付きのディナー。味も高級感があっておいしい。
ただ、これまで体験した3つのディナーのなかでは
個人的にエンチャンテッド・ガーデンがいちばん好きだったな。

またすぐ会えるよね。感動のセレモニー「シー・ヤ・リール・スーン」

ディナーを終えて、ふだんのカジュアルな服に着替えたら
ドリーム号最後の夜を盛り上げるセレモニーに参加です。

会場のロビーにはすでに大勢のひとが。
私たちもその中に入ってしばし待つと、音楽が流れだしてきました。

ひとりずつ紹介され、ロビーに降りてくるキャラクター。
私たちはチップとデールを追っかけていきましたが、上の動画のあと、ドナルド・ミニー・ミッキーも登場して会場はさらに盛り上がってました。

そこからは30分ほど、各キャラクターとの最後のグリーティングタイム。
私たちはもちろんお目当てのチップとデールのもとへ。

セーラー服と帽子を身にまとう2匹。相方はこの衣装も見られて感激してましたね。
グリーティングの順番がくると、2匹もこちらを覚えていたらしく歓迎してくれました。
船旅で疲れてるだろうに…最後まで元気なチップとデールなのでした。

他にも、ロビー付近でミッキーやミニーともグリーティング。
30分とはいえけっこう時間があり、2・3キャラは挨拶に行けると思います。

ゲストの楽しそうな声で賑わうロビー。
するとまた音楽がゆっくり流れだします。出航時のオープニングセレモニーでも流れていたあの曲「Sailing Away」のメロディです―――。


(ネタバレ・現地で感動を味わいたい方は視聴にご注意ください)

セレモニーが終わり、会場に残るなんともいえない余韻…。
3泊4日の短くて長い航海は、最高のハッピーエンディングをむかえました。
このときの得も言われぬ感動は、いまもこの動画を見るたびにリフレインしてきますね…。

See ya reel soon. それは「またすぐに会えるよね」という意味。
そう、アメリカが遠くても、英語が話せなくても
ディズニー・クルーズ・ラインはいつでもゲストがもどってくるのを待っています。

なんてね。

さて、駆け足でつづってきましたディズニー・クルーズ・ライン航海記
いかがだったでしょうか。
みなさんの次なる航海の参考にすこしでもなれば嬉しいです。

そして、WDW・DCL旅行記2013はあとほんの少しだけつづきます。
ラストの更新となる次回は、WDWで念願の「あのホテル」に泊まります…!