無人島キャスタウェイ・ケイでグリーティングとアクティビティを満喫! (前編) [DCL旅行記2013 DAY3-1]

この記事をシェアする

ディズニー・クルーズ・ライン ドリーム号で行く3泊4日バハマの旅。
3日目は旅の最終目的地、無人島キャスタウェイ・ケイで過ごします。
雲ひとつない青空のした、グリーティング・アクティビティと沢山楽しんできました!

スポンサーリンク

よく晴れた朝方、ドリーム号は無人島キャスタウェイ・ケイに到着


朝起きたらベランダから海を眺める至福。よし、今日も晴れてる。


スカイデッキに移動。船頭の先には無人島の大地が。

ドリーム号3日目の朝。今日もキレイな朝日がのぼります。
早朝、スカイデッキからは海にぽつりと浮かぶ島が見えてきました。
旅の目的地である無人島、キャスタウェイ・ケイです。


キャスタウェイ・ケイに昇る太陽がとっても綺麗。


昨夜のバンダナを取るのも忘れて、じっと太陽をみつめる2匹…。


無人島の全景が見えてきました。まもなく船は船着場へ。

ディズニーが所有する、クルーズのために用意された無人島「キャスタウェイ・ケイ」

無人島「キャスタウェイ・ケイ」は、DCLでカリブ海を航海する際に
かならず立ちよる、いわば旅の最終目的地。

無人島と言ってもキャストが島でのアクティビティをしっかり準備してくれるので
海でおよいだり、ダイビングしたり、島を散策したり食事をしたり…と
丸1日、島での生活を楽しむことができます。


島の外観はこんな感じ。さまざまなアクティビティが用意されてます。

ドリーム号が島について1時間ほどすると
「今から島に降りられるよ!」と館内アナウンスが入ります。
さっそく上陸!…の前に、ロビーのスケジュールディスプレイを確認。


お目当てのキャラが島に登場するかどうか、事前に確認を。


上陸!ハリケーンが多い9月だけど、晴天でほんとうに良かった!

上陸してすぐ、私たちは船着き場のちかくにある小さなポストオフィス(郵便局)へ。


ポストオフィスではさっそくフック船長がグリーティング中。

この小さなポストオフィスでは、船内で買った絵ハガキを実際に投函することができます。
私たちも切手を買って、わが家や家族あてに送ってみることにしました。

(その後2ヶ月程たって、ちゃーんと家に届きました。
消印にはしっかり「CASTAWAY CAY」と押されるので
無人島に行った記念にぜひ利用してみてください。)

さらに、このポストオフィスにはもうひとつ目的があって。


きたよ!水着姿がセクシーなチップとデール!!

このコたちとのグリーティングも、ポストオフィス前で行われます。
朝はやくですがけっこう列ができてましたね。早めに並んでおくといいかも。


日本からきた「兄弟」を手に、うれしそうなチップとデールなのでした。

さぁ、目的のグリーティングも済ませたので島をぐるりと散歩してみましょう!


まずは船着き場ちかくのトラム乗り場へむかいます。


トラム乗り場に到着。


これがトラム。連結されたバスですね。島の移動につかいます。


トラムに入り込む陽気な風がとっても心地よかったな。


ドリーム号があんなに遠くに。


おみやげ屋に到着。ちょっとグッズを見てきましょうか。


開放感あるお土産ショップへぶらり。


Tシャツはキャスタウェイ・ケイ限定の絵柄が豊富においてました。


海岸では重宝しますね。キャスタウェイ・ケイ印のビーチサンダル。


このメッセージボトルは、宛先を書いて先ほどのポストオフィスに投函できます。


キャスタウェイ・ケイ限定ピンもかなりたくさん。


わが家ではコレを買いました。ここに来たからにはゲットしなきゃね。


ピンバッチ以外にタグもありました。

こじんまりとした店内にちりばめられた、ココ限定のアイテムの数々…。
ながめてるだけでもテンションが上がってきますね。
これからの無人島ライフを楽しむためのビーチグッズやタオルなんかもありました。

私たちはチップとデールのピンを手にいれてホクホクに。
時刻はまだ10時。船に帰る夕方4時まではまだまだ時間があります。
ショッピングも楽しんだので、つぎは楽しみにしていたビーチに向かいます!