キャスタウェイ・ケイのビーチへ!気になるランチもチェック。 (後編) [DCL旅行記2013 DAY3-2]

この記事をシェアする

キャスタウェイ・ケイのグリーティングとお土産えらびを朝から楽しんだ私たち。
つぎはいよいよビーチへ。カリブ海を肌で感じてきます!
そして無人島で食べるランチとはどんなものか?体験してきました

スポンサーリンク

ファミリーが楽しめるビーチ、大人が楽しめるビーチ。

キャスタウェイ・ケイは小さな無人島(の中の区画)なので
バスやトラムに乗らず、歩いても数分で島のはしっこまで行くことができるそうです。

前編で紹介したお土産ショップは島の中央エリアにあって
近くにはファミリーで遊べるビーチや食べ物屋があるのですが
島の端に、大人だけが立ち入ることができるビーチがあるようです。
今回はそのビーチまで、散歩しながら向かうことにしました。


島にはマラソン用コースがあって、ランナーもけっこういました。


有料ですがサイクリング用の自転車も完備。島の奥まで行けるようです。

島の端にある大人用ビーチ。歩いても数分で行けると前情報があったのですが
実際に歩いてみると、これがなかなか遠い。汗もタラリと出てきます。
すこし歩くと、幅がとても広い大きな道が見えてきました。

……素直にバスで行けばよかった。

地平線までつづくような長〜い道を、ただただ歩きます。
甘くみていた…。やっぱり広いよキャスタウェイ・ケイ!


ひーこら歩く私たちの横を華麗にとおりすぎるバス…。


途中でおもしろいオブジェを発見。不時着した飛行機…?


なるほど、ドナルドの昔のアニメで使われてそうなモチーフですね。

20分くらいは歩きましたが、途中おもしろいオブジェもありつつ
疲れたながらも楽しみながら散歩することができました。
後から思うと、自転車があると島をもっとすみずみまで楽しめたなー。

そして、ようやく大人だけのビーチに到着です。

カリブの海…。青く透き通っていて、とても綺麗。
海岸の人影もまばらで、とても静か。波の音がやさしく聞こえます。
開放感もあって、まさに楽園のような場所でした。

まわりを見ると、ビーチチェアにすわって、波を足に受けながら日光浴する人や
パラソルの下で読書を楽しむ人(なんかもったいない…)など、みんな思い思いの時間をすごしています。私たちは、やはりカリブ海を肌で感じたかったので…。


やっぱり海に入るしかないでしょー!


カリブ海を目の前にして、おあずけ状態の2匹。潮もつよいから入っちゃダメ。

カリブ海、入ってみるとやっぱりしょっぱかった…。
飲めそうなくらい透明なのに、海は海なんですね(当たり前)。
私たちは海に浮かんだりチェアに座ったり、ゆったりとビーチの時間を楽しんだのでした。

カップルやご夫婦で行かれる方には、大人のビーチをぜひおすすめします。
もちろん、自転車かバスのご利用でどうぞ。

無人島でもシッカリと、好きなだけ食べられるランチ。

さぁ、大人ビーチからバスで楽ちん移動して、ランチをいただくことに。
キャスタウェイ・ケイではビュッフェ形式のランチをはじめ
ドリンクやアイスクリームが食べ放題。とくに夏に食べるアイスクリームは格別です。

ところで、無人島で食べるランチってどんな内容なんでしょう…。


列にならぶといきなり登場。レイズのポテトチップス……。

お肉系の料理がいくつか並び、野菜やフルーツもありました。
あとはハンバーガーやドッグ用のパンも置いてあるので、肉をはさんで…。


ランチセット完成!

味はまあまあ美味しかったです。
ただポテトチップスの袋が並んでるのが、なんとも妙な光景でした…。

この後もファミリービーチでウォーター・スライダーを楽しんだり、
いくつかあるおみやげ屋を散策したりしてると、時刻は午後3時に。


ウォーター・スライダーの入口までは泳いでわたります。底がけっこう深いのでご注意を…。

本当は、シュノーケルでのダイビングや
海中にしずむミッキー銅像さがしもしたかったのですが
実は夕方から、ドリーム号船内でもグリーティングのスケジュールがあったので
私たちはすこし早い時間に、キャスタウェイ・ケイを後にしました。


キャストさんが島からドリーム号を撮るベストポジションを教えてくれました(船ちょっと隠れてますが。。)

なごり惜しいですが、トラムに乗ってドリーム号へ向かいます。

体験してみて思ったのですが、無人島は1日だけじゃ味わい尽くせないですね。
6泊とか7泊になると、島に2回立ち寄るスケジュールもあるようなので
キャスタウェイ・ケイをとことん楽しみたい方は、長期旅行を考えてもいいかもしれません。

おまけに…

キャスタウェイ・ケイではミッキーやミニーなど、おなじみの仲間のグリーティングも行われているのですが、私たちがあまり追ってなかったので情報がありません…。

代わりに…といってはなんですが、
ランチ中に近くの広場でとつぜん始まったダンスパーティが撮れたので、動画でご紹介。
アロハ姿のミッキーたちが音楽にのせてダンスしてます。
この動画、陽気で楽しいキャスタウェイ・ケイの空気が感じられて個人的に好きです。

たのしかった無人島生活を終え、ドリーム号の旅もさいごの夜に。
次回はこれも念願のタキシード・グリーティングを体験、そして
感動のクライマックス「シー・ヤ・リール・スーン (See ya reel soon)」セレモニーへ