「カーセイ・サークル・シアター」レストランで「ワールド・オブ・カラー」の鑑賞券つきランチを体験 [DLR旅行記2014 DAY2-6]

この記事をシェアする

顔が動くミッキーのショーを目の前で体験し、興奮収まらない私たち。
気づけば時刻は3:00をまわり、予約していたランチが迫っていました。
この日の夜イチバンのお楽しみ、「ワールド・オブ・カラー」鑑賞券が付いた、「カーセイ・サークル・シアター」でのランチです。

スポンサーリンク

格調高い内装のレストラン「カーセイ・サークル・シアター」へ

というわけで、ミッキーのアトモスショーが行われた場所の目の前にある「カーセイ・サークル・シアター」へ。
ここは実在する映画館がモデルとなっていて、ディズニー初の長編アニメーション映画「白雪姫」が初公開されたメモリアル的な存在なんですね。


青空に映える白い塔と、おおきなクリスマスリース。

当初はこのレストランの利用を迷ったのですが、DCAの看板ショー「ワールド・オブ・カラー」が時期を問わず混むとのウワサを聞き、「せっかくだからランチ行こう!」と決めたのでした。ディナーで行った際にはお値段がさらにはずみます。。

ちなみに、「ワールド・オブ・カラー」鑑賞券付きのランチ/ディナーがあるレストランは全部で3つあります。残り2つが「ワイン・カントリー・トラットリア」「アリエルズ・グロット」なんですが、値段帯も異なるのでお好みのレストランをどうぞ。

さぁ、店内に入ってみましょう。
入口にいるキャストに予約した時間と名前を伝えると、店内に招き入れてくれます。


歴史を感じさせる内装。昔の映画館てこんな感じだったのかな。


壁にはいくつもの写真が飾られていました。これはウォルトと…娘さん?

豪華なインテリアに囲まれてランチ。好きなメニューを選べます


2Fの内装もとても豪華。意味もなく緊張します。。

1Fロビーで少し待つと声がかかり、私たちはエレベーターを使って2Fのレストランフロアへ。
整然として落ち着いたフロアでは、午後3時でも数組のゲストがランチを楽しんでいました。
私たちも席につき、渡されたメニューに目を通します。


こちらがメニュー。「ワールド・オブ・カラー」のロゴが見えますね。


前菜・メイン・デザート、それぞれ数種類からえらべます。

メニューですが、前菜はサラダ or スープ、メインは7品ほどから選んでオーダーします。
食後のデザートも2種類あったので、私たちは別のメニューを注文しました。


まずはブレッドが到着。わが家のチップが狙ってます。。


前菜のサラダ。葉物やらリンゴのスライスやらが入った豪快な仕上がり(笑)。


ちょっと画像わるいですがスープです。こちらも前菜。


軽めに済ませようと思ってメインにハンバーガーを頼んだら、とってもボリューミー!ポテトもちゃんとついてますね(泣)。


こちらはお肉のメイン料理。美味しかったんですが、とにかく量が…食べきれない…。


スイーツも2種類それぞれ頼みました。こちらは量もほどよく、おいしい♪

パン・前菜・メイン料理、そしてデザートまでを堪能しました。
建物から感じられる高級な雰囲気の割に、ランチメニューはなかなかカジュアル。メイン料理がハンバーガーとかですからね。ディナーはまた趣がちがうんだろうな。

ただ、ボリュームはハンパないです。午前中にグーフィーズ・キッチンに行ってたのもありますが、全部食べきれなかったな…。デザートは別腹で美味しくいただきましたが。

お値段から考えるとちょっと割高ランチな感がありますが、「ワールド・オブ・カラー」鑑賞券つきだと思えばアリかな…。
DCAに次回来ることがあれば、他のレストランにもぜひ行ってみたいと思います。

アナハイム2日目も、残すは「ワールド・オブ・カラー」を残すのみとなりました。
クリスマス限定仕様のショーはどんな内容だったのか。人の混み具合はどうか。そして私たちが見てしまった、プチ衝撃映像についても。
次回の記事で、ショーのフル動画といっしょにお届けします!